スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年09月14日

明日は、がくさば!&レンジャー背嚢

(=゚ω゚)ノこんばんわ

明日は待ちに待ったがくさばです☆-(ノ゜Д゜)八(゜Д゜ )ノイエーイ
私は友人と一緒に新宿からバス参加です。

昨日までは熊笹&ギリーで戦おうと思っていましたが、急遽!OD作業着を着てゲリコマ装備をしようと思いますww

友人とお揃いのOD作業着とグリースガンで戦いますwG3とVSRも持っていきますけどね


またあるものが届きました




背嚢がまた増えたwwww これはPXで発売されていたレンジャー背嚢です。
これでレンジャー背嚢が2つになりましたとさ


左側に何かを繋げられる用に紐がついています。


右側には何もありません。


内側の絞りも紐で行います。
フラップはシンプルに紐一本で閉めれます。


力のかかる部分は皮が使われています。
とてもシンプルですね。


タイプ違いのレンジャー背嚢の比較
どちらが先かはわかりません。


大型の方はポケットになっています。 

チャックの位置が逆ですね


紐の部分が気になりますが、

こういうことでは?


たぶんですが、エンピを括りつけられるようになっているのではないでしょうか?
うーんいいねぇ ちなみにこの背嚢のPX迷彩版も存在します。
そして中にPRC無線を突っ込んで担がれていた事もあります。

外側のポケットは飯盒が入るようになってます。

明日は、これ担いじゃいますか!w 後は風呂入って寝るだけです!では明日宜しくお願いします。

  


Posted by ヤナギ  at 22:40Comments(0)装備の晒し

2012年07月17日

え・・?これって防護マスクケース!?

こんばんわ(=゚ω゚)ノ

遂に暑くなってきましたねぇこれからガスブロがガシガシ動く季節到来です!
しかし熱中症・脱水症状にも警戒しなければいけない時期ですね・・・・・皆さん気をつけましょう。

さて自衛隊装備では外すことが出来ない「防護マスクケース」簡単に言えばガスマスクケースのことですね。

コレですね、こいつは海自の防護マスク2型です。
今までに防護マスクケースというのは官給品で1型・2型・3型・4形・00式と変化していきODの帆布からビニロン帆布になり現在では新迷彩版に更新しています。00式になりODから迷彩に切り替わったのは結構最近のこと(2000年?)でやっと迷彩版になったのか!と思ってたりもしました。
00式にも2種?あってフラップの開閉にドットボタン式とベルクロ式です。ドット⇛ベルクロと変わったのでしょう。

レプリカも存在しPXサイトーさんで4形の陸・海・空3バージョンと(B)タイプなども作られていましてマニアックな商品ですが、一時期は売り切れたままでした。

不思議に思っているのですが、1・2・3は「型」で4は「形」に変わっているのは何かあるんですかね?



防護マスクケースは官給品・PXサイトー製レプリカこのどちらかを入手するしかなく他は存在しない。
昭和から2000年まではODで迷彩版なんて最近の物だ。
PXで作られたことなんてないよ。





と最近までは思ってました・・・・・・・・・



まさか・・・


まさかこんな物が存在するとは・・・!!













PX迷彩版防護マスクケース!
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

正直これを某オクで見つけた時、目ん玉飛び出るかと思いました。それと今まで自分の中の常識が壊された瞬間でした( ; ゚Д゚)

話によりますと、旧迷彩の頃に空挺・レンジャーから要請があり制作をして一部のPXにて販売されていたそうです。タグはありませんでした。


会社名も記載されてません(あたりまえか)


内側は、通常と一緒です。目ガラスの曇り止め入れもあります。


裏側も通常かと思っていましたが、ストラップの金具が両端に付いておりどちらからも脱着出来るようになっていました。赤いプレートは私が勝手につけた擬似管理プレートですw


家に唯一あったPX迷彩双眼鏡入れ 
生地一緒だ!と思ったら迷彩パターンの大きさ・形が違う・・・・・製造会社の違いか?
しかし、これって4形ケースの迷彩版なんですかね?(フラップの形状が4型に近いためと1985年に4型に更新されていたため)

うーんまさか防護マスクケースが3つになるとは・・・・・2つは中身有りという・・・・・・次は1型を探そう!

やはりPX迷彩は奥が深いということです。大事に大事にコレクションしていこうと思います。  


Posted by ヤナギ  at 00:36Comments(4)装備の晒し

2012年03月27日

変な熊笹迷彩&PX迷彩双眼鏡入れ


お久しぶりです(=゚ω゚)ノ

また迷彩服が増えましたw
熊笹迷彩なんですが、なんだか不思議な・・・・


熊笹!だけどなんだか色合いが面白い若干パターンも違うというシロモノですw
そしてPX迷彩ポーチ手に入れました!


家にある後期熊笹との比較

分かりづらいのでもう一枚

左が後期熊笹 右が不明熊笹
(´ε`;)ウーン…パターンがなんだか違いますね~
使い込まれて色落ちしたためか茶が赤みがかっています。

タグは外されていますが、跡を見るかぎりPXだと思います。
考えられるのは納入業者やロットの違いでしょう。

次は作りを見てみましょう

まず襟


特に変わったところはありません。


ポケットも通常タイプでボタン式です。


裾の作りも通常です。


袖も通常です。


桜ジップYKK製です。これは旧型ジップでいいのかな?

そしてズボン



ボタン式(ボタン一個欠品)


尻当て無しの通常


ポケットも通常

見た限りではOD作業着と同じ作りです。生地もビニロンと綿の混紡50:50でしょう。
一度洗ってプレスしましょうw


次にPX迷彩ポーチ! PX迷彩渋い!欲しかったんですよね(´;ω;`)
たぶん双眼鏡入れ

裏側

ちなみにこの迷彩のレンジャー背嚢が存在します。無線機入れとして活躍したそうです。
PX迷彩背嚢ほしいなぁ~wPX迷彩自体凄く貴重な存在になっていますが(;´Д`)

弾納・図嚢・背嚢などなど様々なPX迷彩版が存在するので揃えてみたいですね~




ペン差しなのかな?


家にあった双眼鏡を入れてみましょう。


いい感じ!


装備のレイアウトも変更しぐぐっと引き締まった気がしますw

次のサバゲが楽しみだ!!!  


Posted by ヤナギ  at 01:57Comments(10)装備の晒し

2012年02月08日

旧型サスペンダー

こんばんわ(=゚ω゚)ノ
自衛隊旧装備といえばXサスペンダー!旧型サスやODサスなどと言われているものです。

PXの旧型サスペンダーを手に入れたので放出品サスペンダーとの比較をしてみましょう。

まず放出品の官品サスペンダーです。コヨーテタンカラーのような色合いです。


こちらがPXサスペンダーです。ODですね。弾帯と同じ色合いです。
新品なのでカッチカチやぞ!使い込めば馴染んでくるでしょう。


官品タグ 面白いのがタグの裏側はビニールコーティングがされています。


PXタグ よく使われているタイプですね。

気になった点があります!

官品は金具がすべてシルバーに対し
じゅんちゃんさんの指摘により官品も元々金具は黒だそうです。使っていくとメッキ?が剥げシルバーの金具になるそうです。コレは正直知りませんでした(;´Д`)古い写真見るとシルバーもしくはテープ処理のものしか見たことなかったので。

PXはガンメタのような黒の金具になってます!遮光のために黒ビニテで処理しなくても良いのでしょう。(たぶん)遮光のためだけではなく引っかかりや長さ調整が不意に動かないようにするためにテープ処理をするそうです。ですのでPXのこのサスもテープ処理します!

もう一つ気になった部分が!

フックの形状が違います!左がPX 右が官品 色の違いがよくわかりますね
PXのほうが脱落しづらいと思われます。官品の方はサバゲ後に一本外れてた事が何度かありました。
今度はPXサスペンダーを使ってみようかと思います。

PXサスペンダーを手に入れた時についてきたポーチが一つ


うーんPXの小物入れですかね?PXサイトーさんのところのポーチとは別物です。ペラッペラなので中にプラ板で形を整えましたw
デジカメや携帯など入れるには丁度いいでしょう。



私事ですが、2月4日に誕生日を迎え22歳になりました。こんな私ですがこれからも宜しくお願いします。

2月13日記事修正  


Posted by ヤナギ  at 21:59Comments(14)装備の晒し

2012年01月19日

鉄鉢&シックネスゲージ

こんにちは(=゚ω゚)ノ

頭を守ると言ったらヘルメットですよね!
自衛隊では66式鉄鉢(鉄帽)や88式鉄鉢(鉄帽)が主流ですが、創設期や警察予備隊頃にはM1ヘルメットなどを使っていたこともあるそうです。


66式鉄鉢はM1ヘルメットを日本人向け?に改修されました。
なぜ日本人向け?なのかは被ってみると分かるんですがかなり不安定で被り辛いです。

M1ヘルはチンストラップ(あご紐)を装着しなくても安定して被れますが、66式鉄鉢はあご紐を装着しないと安定して被れません。
しかも!66式は安定を保つためにあご紐で縛って被るとかなり痛いです(´Д⊂ヽ 
現職さんは試行錯誤して被りやすさを改善しているそうです。

ちなみに画像のあご紐は最初から付いてくるものだそうで、昭和の頃から大体の隊員さんはPXのあご紐に付け替えます。
予備自などではよく見かけるこのあご紐ですが、今では切り替わってるんでしょうね。


88式鉄帽・・・・では無いですこれはドイツのM826 ケブラーヘルメットです。
家にあった88式用の大号の鉄帽覆いを被せてみました。

88式鉄帽は鉄帽と名が付いていますが、鉄製ではありません。繊維の複合素材だそうですが素材名まではなんとも・・・
66式から約300g軽量化され66式鉄帽での問題であった伏せ撃ち時鉄帽のひさしがアイアンサイトに干渉してしまう問題を解消しています。(66式の被り方でなんとでもなりますが干渉を気にしなくて良くなったのは良いことだと思います)


内側ですが、何と言ってもこのM826 ケブラーヘルメットは被りやすい!
本当もうビックリするぐらい被りやすいです。安定性は抜群であご紐を使用しなくても超安定します。
被った際の重量バランスが良くてサバゲ一日中被っていても疲れづらいです。

あご紐が独自でV8タイプストラップなんですかね
このあご紐のお陰で安定した固定ができます。


鉄帽覆いを外すとこんな感じです。MICHのようなカチカチな素材では無いです。


それと祖父の家で車の合鍵を探すことになりまして棚を開けたら面白いものが出てきました。

桜Wのシクネスゲージです。正式名はシックネスゲージなんですよね?
祖父の友人が陸自で車両整備をやっていたらしく使っていたシックネスゲージが廃棄品となり祖父に譲ったとか
その友人は昭和33年に入隊そして4年前に定年退職されたらそうです・・・・ということは・・・・50年間自衛隊にいらっしゃったとは頭が下がります。

祖父の納骨式の時にお話する機会がありまして、入隊当時はOD作業着に地下足袋とゲートルを使用したとか赤羽にあった射場で良く訓練していたなど色々お話を聞けました。


22日にちょっくらSEALs600定例に行ってきます!グリースガンの実戦導入と64式ことG3の内部カスタムがいい方向に進んだのかを検証したいと思います。熊笹着てドーランでお化粧している奴がいたら私でしょうねw  


Posted by ヤナギ  at 16:25Comments(3)装備の晒し

2012年01月13日

防護マスク・・・・・・2型!

こんばんは(=゚ω゚)ノ
新年一発目の買い物は・・・・

新しいお友達を紹介するZE!!!

防護マスク2型海自版です!
ムフフフwwww探していた一品なので届くの楽しみに待っていましたw


明朝体なので時代を感じますね
油性のペンで「昭 44」と書かれています。


裏側のストラップの配置は現行と変わりませんね~

 
さて楽しみの会社名は!

3型で学びましたよ!

会社はシゲマツ!!!

じゃない!!
なんだと三光科学製だと! 3型はSTSこと重松製作所 2型はSKK 三光科学なんですね 4型になるとKOKEN 興研株式会社なんですよね
型式で会社が違うとはうーん 00式は?


3型と比べてみましょう
並べてみると分かるんですが、2型は一回り小さいですねフラップも丸くなっていて現行の物と比べると形状に関しても別物ですね。







中を見てみましょう


そうなんです今回も中身入りです!


ジャジャーン これぞ2型です!


M9ガスマスクに似てますねー フィンランドガスマスクにも似てますね
けど特徴的な形しています。しかも小さいです。


3型と比べるとマスクも小さいです。


面白いと思ったのは首周りの固定がしやすいようにドットで取り外しが出来るようになっています。


桜錨マークに昭-46とSKK

ケースは昭44ですがマスクは46でした
今回のマスクは状態がかなり良くて、劣化で溶けている所は全くありません!


キャニスターにも表記があります。


手持ちの五目飯と比べてみますと缶飯より大きいですw



やっぱキャニスターが別だとガスマスクらしくてかっちょいいですね!

ネジ式なので装着は簡単です。


まだ防護マスクケースの中に何か入っています。


マスクの布と缶?


包まってます。コットンのような布です。


あー!曇り止めね!なるほど3型はプラケースでしたが2型はアルミケースだったんですね!


コルクがキャップな所が時代を感じますね。中の曇り止めはグリスのようになってます。

いやー貴重な一品この一言につきますね!
某オクでこれが出品されて30分でケリつけてやりましたよw運がよかったです。
これでコレクションが増えました!次は防護マスクか4型か4型Bか00型か!


66式テッパチも進化しました熊笹鉄帽覆いを被せハンモックもつけました。後はODか旧迷彩のバンドが必要ですね。
 しかしおもしろいのが、この鉄帽覆いことヘルメットカバーがなんとナイロン製なんですよ!
不思議な仕様でしょう?謎です。本当に謎です。



では今年もよろしくお願いします!




  


Posted by ヤナギ  at 23:02Comments(4)装備の晒し

2011年10月21日

背嚢色々

こむばむは(=゚ω゚)ノ まぁ色々あって更新していませんでした(´▽`*)アハハ

その間に着々と装備が・・・・ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
写真は撮っていませんが、作業用外被も購入しましたwこれからの季節必要ですもんね

さて背嚢!と言えば、自衛隊の蛸足背嚢です・・・よ・・ね・・?


最近手に入れたのは、

背嚢?というか、図納の大型?しかもPX?






うーん手に入れたはいいもの・・・・なんなんだろうこの鞄 


帝国陸軍時代の図納に使われていた金具に似ているような〜でもないような〜・・・ということは図納?


肩掛けにもする事ができます。雑嚢のような扱いもできますね。


とても簡素な作りですが使いやすいですねこの鞄!大学の時に使用してます。
もしやこの鞄は自衛隊物ではないのかもしれないような・・・・


かと思いきやこの金具・・・・うん 自衛隊物でしょう 


そしてもう一つ届いたものが
もしや!と思い落札しましたそれがこの背嚢・・?

おぉ?




金具が自衛隊らしいですなぁ〜


見ての通り古い物です。背負うのみなので背嚢的な使い方で間違いは無いです。
腰の部分に巻く部分があるので重いものを入れることを想定としているのでは?と深く考えましたが、まぁ雑嚢・背嚢的な使い方でいいでしょう。
ふと思ったのは



もしかして・・・こいつら兄弟??????




さて最後に大物一つ!
昭和自衛隊と言えば









じゃない!!


私物背嚢ことPXのレンジャー背嚢!!!


大体が紐での固定なところが渋い!
ちなみに横のポケットは何を入れるのだろう?


革のワンポイントがいいですねー!強固な作りで最高です!これぞ背嚢!今では見ることも少なくなった帆布ですが強度が良く古い物でもまだまだ現役です。

背負う側にジッパーがあります。信頼の!YKKです。


ちなみに中に入ってるのは枕ですw


上口も紐です。溶けるかな?と思って炙ってみましたが綿100%でした。


外側のポケットには飯盒を入れますが、結構スカスカ??

うーんスカスカな気が・・・・・73式背嚢はぴったりだったような〜・・・なぜココまでスカスカ?糧食でも積めるようになっているのだろうか?

とまぁ背負うものが増えたwwwwwwwwww( ´ー`)フゥー...ドウシヨ
なぜ僕はメジャーな物にたどり着くのが遠回りなんだろう・・・・・・・・

「加筆」
73式背嚢は横に広く特徴的な形をしています。このPxレンジャー背嚢は縦に長いです。なぜこれほど違いがあるのか考えてみたのですが、訓練中に山などの獣道を通る際横広の73式背嚢では身体から大きくはみ出てしまい引っ掛かる事などがあったと思います。だからこそ身体からはみ出ない縦に長い背嚢がPxにて製作されたのではないかと考えます。
そのためか山や森の中での訓練の写真にはレンジャー背嚢を使用している隊員さんが多く見かけられます。

あくまで持論なので正しいとは言えませんがたぶんこういう理由かと思います。
  


Posted by ヤナギ  at 00:57Comments(2)装備の晒し

2011年08月24日

熊笹迷彩リバーシブルジャンパー&トランスフォーマー

こんばんわ( ゚∀゚)ノ
良い物を手に入れましたよ!現行の方々にはどうでもいい内容ですが・・・・・( TДT)ゴメンヨー


こいつです!OD&熊笹迷彩のリバーシブルジャンパーです。
少し早い冬支度ですw


腋のつくりが面白いですね生地の感じとしては作業服に使われる生地まんまです。


肩にはペン刺しと小物入れがあります。ペン刺し部分は多めですね、ペン以外にもはさむためでしょうか?
リバーシブルジャンパーなので裏っ返します。

裏っ返すと熊笹迷彩こと1型迷彩に早変わりします。
うーん昭和の匂いが・・・・・ってこいつは晩年の熊笹迷彩ではないか。
後期型迷彩と言ってもいいのかな?色合いは熊笹らしい青々とした感じではなく空自に近い色合いです。これはこれでカッコいいです!
後期型って意外と物が少ないんですよね・・・・納入数が少ないのかな?


肩部分はODと同じです。


リバーシブルなのでチャックも対応できるようになってます。ちなみに信頼のYKKです。


特に面白いのがポケットの作り、なんと貫通してます。リバーシブルなので一つのポケットを使うためこうなってます。
着た感じ少し重く感じます。上被二着分の生地で作られてるせいですね。けど良い物ですよ!


話は変わりますが、数年ぶりに映画館に行きました。テラさんにお誘い頂き感謝です^^

観てきたのはトランスフォーマー・ダークサイドムーン3Dです!
なんだか写真の角度おかしい・・・けど光の反射を一番抑えられたのでこれでご勘弁をOTL


映画館でチケット買った後、ミスドで腹ごしらえ・・・・と言うか朝食ですw
なぜ朝食かと言うと3Dの吹き替えは朝の9時しか上映していなかったからです!(ノ∀`)アチャー
吹き替え何か見ないで字幕見ろよ!とか聞こえてきそうですが、1・2と吹き替えで見ちゃったので今作も吹き替えで見たかったんですよ~

トランスフォーマーといえば皆さん気になる銃器ですよねw

パンフに載ってたVIS-2っぽいM4!マグプルてんこ盛りですね!PEQ-15やACOGにLARUEマウントなんともまぁ時代の最先端を上手く映画に生かしてますな!映画ではもーっと色々な銃が見れます。一瞬が多いですけどねwSCAR・SR-25っぽいやつ・官給品臭さが出てるM4・SPR・MASADAなどなど(一瞬なので細かく見れませんでした)陸軍・空軍・海軍・SWAT・シェリフ・SEALsなどなど様々な部隊が映画では頑張っていますよwほんと装備と銃器のリサーチ力に脱帽です。
 
 映画としてはとても面白いです!あまり細かいこといえませんが、CG技術ってこんなに凄い事になったかと驚愕しました。どこまでがリアルでどこからがCGなのかと本当に分からないです。ほんとにそこにあるかのような機械らしい感じや演出・・・・人によっては眼が疲れるかも。。。
 
 そして、3D映画というものをはじめて体感しました。手前に出れば3Dなんだろと正直思っていましたが、この映画では手前より奥行きがとても強調されていて、見る角度を変えれば見えるんじゃねとか思ったりw3Dと言うのは手前より奥行き感のほうが映画としては見ごたえあるのではないかとも思いました。

 映画内容は月のお話から始まるところにスゲェ事考えたなと・・・これは映画を見てください!特に30代以上の方々には懐かしいとも思える始まりと内容です。題名のダークサイドの名に恥じない人間の黒さというものが良く表現できてると思います。別にベイダー卿が降臨するとかそんな内容ではないですよwww 
 まさかの166分と長い作品ですが、これでも頑張って端折った部分が多くみられます。予想ですが、監督さんとしては端折った部分をちゃんと作って180分映画にしたかったんではないでしょうか。

とまぁ観ようと思ってる方には3Dをオススメします!

あ!そうそう25日天気が怪しいですが、富士総合火力演習に参加いたします!
参加って言っても昭和装備で演習に参加ってわけではないですよwwwwwwwwww

観覧席で初めての富士総火演を見てきます(`・ω・´)ゞ
  


Posted by ヤナギ  at 00:22Comments(7)装備の晒し