2011年12月31日

電動グリースガン&謎のポーチ

いやーお久しぶりです。

こんなに長期間更新しなかったのは初めて?ですね

まぁ12月は色々とあって祖父が急に亡くなったり卒業制作の提出日が15日だったりと・・・もうね大変でしたよOTL
悔いのない一年にするなんて考えてはいましたが悔いアリアリですよ!気づいたらまた一年か~・・・・早いなぁ・・・大掃除大変だったなぁ・・・・今月は洒落になんないほど忙しかったなぁ
そんな今年もあと一日です!31日はナント!12時から閉店までバイトDAZE☆


さて!クリスマスも過ぎサンタさんからの?プレゼントが一つ!たしか佐川さんが運んできた気がしますが・・・・(;^ω^)

ICS?ARES? 

NO!!

This is....
JAC!!

懐かしがる方も多いのではないでしょうか?ガスオペM14やマッドマックスで知られるハドソン
そのハドソンが作ったM3グリースガンをJACがハドソンガワを使いアサヒのフルオートユニットを入れて販売したのがコレです。
JACもAR-18やAR-15などが有名ですね

なんで金色シールが貼っているんだろう・・・


なるほど!
ということです。

なぜICSやARESがあって安価にグリースガンが手に入る時代にJAC(ガワ:ハドソン)のグリースガンを購入したのか、しかも2丁

それは

安かったからさ!5000円でお釣りが来るんですよ!買うっきゃない!

真っ黒ですなー ハドソンのグリースガンは灰色な印象なんですが、地のままなんですかね?

JACのグリースガンを買った理由として本体がプラなため加工しやすいという点もあります。
何をしたかって大体の人はお分かりですよね?

そう電動化です!
ちなみにバージョン3のメカボを使用しました。

元からあったダミーボルト(鉄板)を利用してカバーにしました。


給弾口からスプリングが伸びチャンバーに接続してます。昔からこの方法で電動化がされていますね。
チャンバーは手持ちのM4チャンバーが入らなかったので次世代M4チャンバーを採用しました。

チャンバーのノズルを通しメカボに接する部分が次世代は独自で「○」ではなく「0」のなためチャンバー自体の回転止めを作ることなくガッチリ固定されました。
メカボを削ることになりますが、コレはコレでラッキーでした。
次世代のチャンバーを使用したので、ノズルは次世代のロングノズルを使います。


バッテリーはここに入ります。ハイペリオンのリポ7.4v1300mahですのでこれ一本で1日持つでしょう。
バッテリーが小型化して本当に楽になりましたねー
個人的には、サイクル早すぎでニッカドバッテリーを引っ張り出してきたんですが、これでもサイクル早い・・・・・
1セル減らしまだ早い もう1セル減らしこれでも早い・・・・何故だ!次もう一度1セル減らしたら4セル(4.8v)で駆動になっちゃうよ!!
4.8v駆動なんて聞いたこないよ・・・・・OTL動くのかなぁ?やってみますけどね

わかりづらいですが、グリップは太くなってます。2ミリくらい太くなってるのかな?プラ板切り出して接着剤で固定して太くしたのはいいんですが割れるんじゃないかと怖くて黒テープを巻いてます。
脱落防止とでも思いましょう!
と思ったんですが、自衛隊でのグリースガンの脱落防止ってどうしていたんでしょうかね?調べても何も見つからないんですよね



気になるマガジンはICSの多弾を使用しました!加工一切なしできちんとロックが掛かります。

最初はMAC10多弾の中身を元からついてたマガジンに仕込もうかなと考えていたんですが、赤羽フロンティア1号店に寄ったら中古でICS多弾が売ってましてお持ち帰りしましたw

本当はスプリング給弾式のノマグが欲しいのですが、グリースガン本体の給弾がバネに弾を通してチャンバーに送っているのでそのバネに留まる弾数が約25発くらいなんですよね
だからリアカンでやりたくても給弾されないんですよ(´Д⊂ヽ
なので通常の定例用です!

電動化は終了してるので次はゲームに持って行ってどうなるかな?その日の内に壊れるのかな?w

そしてもう一つ

このポーチ なんでしょう!

なんなんでしょうね(´・ω・`)ショボーン
わからないんですよ桜Qマークと弾帯に通せるようになってるから小銃のクリーニングキットでも入れていたのかな?と思われます。詳細が分かる方ご教授願います!

年明けに向けて制作していたものがもう一つあります。

キューバ軍のチェストリグだそうです。


東独のポンチョを切り出して


チクチク縫い物


そして完成!ミシンが不調で全て手縫いになってしまったOTL 指穴だらけですよー(´Д⊂ヽ
しかしよくできたよ!良い感じです!セルビア汁様楽しみにしていてくださ~い♪






同じカテゴリー(自作)の記事画像
マルイUZI&その他諸々
ハーネスJBG-F5&作業用外被
ダンボール銃剣と銃剣カバー
スキー旅行&M600cのスイッチへの不満
パッチを暇つぶし程度に作ってみた
ギリーハット製作
同じカテゴリー(自作)の記事
 マルイUZI&その他諸々 (2012-04-19 00:20)
 ハーネスJBG-F5&作業用外被 (2011-11-09 22:36)
 ダンボール銃剣と銃剣カバー (2011-09-19 00:54)
 スキー旅行&M600cのスイッチへの不満 (2011-03-22 23:47)
 パッチを暇つぶし程度に作ってみた (2011-02-18 22:07)
 ギリーハット製作 (2011-02-17 23:36)

Posted by ヤナギ  at 02:31 │Comments(5)自作

この記事へのコメント
JACのグリースガンですか・・こりゃ、「皇帝のいない八月」ゴッコが・・(w

HADSONのグリースガンのワイヤーストックをハワイの実弾射撃場にある実銃のグリースガンに付けてみたらピッタリだったという噂を・・

ポーチ>銃関係はWじゃないかと・・Qなんで儒品ですよね?E-4だから施設系でしょうか??
Posted by フォックスロットデルタ at 2012年01月05日 00:14
>フォックストロットデルタさん
皇帝のいない八月見ましたよ!熊笹にODベスト?とグリースガンとは渋い装備でしたね!何度も見直しちゃいましたw
昔に作られたトイガンでも採寸はピッタシとはハドソンはすごいですね。

やはりそうですよねQマークだともっとほかの物入れてたんでしょうね、とりあえずドーランとタオル入れています。
祖父の実家で桜Wのシックネスゲージを見つけたのですが・・・・w
今度記事にしますw
Posted by ヤナギ at 2012年01月06日 22:59
自分もj作で装備を制作しようと思っているのですが、MOLLEなどの厚手の20mmくらいの布の名前、名称教えてください。
Posted by RAMC at 2012年08月26日 01:09
>>RAMCさん 
ナイロンテープなどと呼ばれていたと思います。
オカダヤやユザワヤなどの手芸用品屋に行けば大体は揃いますよ
Posted by ヤナギヤナギ at 2012年08月27日 01:08
2011年12月31日にあったポーチについて
「防塵眼鏡」のケースです。
昭和50年代まで部隊補給品にあった「鷹の目航空眼鏡」の製造メーカー
納品の眼鏡用ケースです。
現物は旧作の角川映画「戦国自衛隊」にて使用されていましたね。
江藤潤演じる県信彦 一士が鉄帽に装着していました。
Posted by 元治おじさん at 2013年06月18日 06:12
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。