2012年01月19日

鉄鉢&シックネスゲージ

こんにちは(=゚ω゚)ノ

頭を守ると言ったらヘルメットですよね!
自衛隊では66式鉄鉢(鉄帽)や88式鉄鉢(鉄帽)が主流ですが、創設期や警察予備隊頃にはM1ヘルメットなどを使っていたこともあるそうです。


66式鉄鉢はM1ヘルメットを日本人向け?に改修されました。
なぜ日本人向け?なのかは被ってみると分かるんですがかなり不安定で被り辛いです。

M1ヘルはチンストラップ(あご紐)を装着しなくても安定して被れますが、66式鉄鉢はあご紐を装着しないと安定して被れません。
しかも!66式は安定を保つためにあご紐で縛って被るとかなり痛いです(´Д⊂ヽ 
現職さんは試行錯誤して被りやすさを改善しているそうです。

ちなみに画像のあご紐は最初から付いてくるものだそうで、昭和の頃から大体の隊員さんはPXのあご紐に付け替えます。
予備自などではよく見かけるこのあご紐ですが、今では切り替わってるんでしょうね。


88式鉄帽・・・・では無いですこれはドイツのM826 ケブラーヘルメットです。
家にあった88式用の大号の鉄帽覆いを被せてみました。

88式鉄帽は鉄帽と名が付いていますが、鉄製ではありません。繊維の複合素材だそうですが素材名まではなんとも・・・
66式から約300g軽量化され66式鉄帽での問題であった伏せ撃ち時鉄帽のひさしがアイアンサイトに干渉してしまう問題を解消しています。(66式の被り方でなんとでもなりますが干渉を気にしなくて良くなったのは良いことだと思います)


内側ですが、何と言ってもこのM826 ケブラーヘルメットは被りやすい!
本当もうビックリするぐらい被りやすいです。安定性は抜群であご紐を使用しなくても超安定します。
被った際の重量バランスが良くてサバゲ一日中被っていても疲れづらいです。

あご紐が独自でV8タイプストラップなんですかね
このあご紐のお陰で安定した固定ができます。


鉄帽覆いを外すとこんな感じです。MICHのようなカチカチな素材では無いです。


それと祖父の家で車の合鍵を探すことになりまして棚を開けたら面白いものが出てきました。

桜Wのシクネスゲージです。正式名はシックネスゲージなんですよね?
祖父の友人が陸自で車両整備をやっていたらしく使っていたシックネスゲージが廃棄品となり祖父に譲ったとか
その友人は昭和33年に入隊そして4年前に定年退職されたらそうです・・・・ということは・・・・50年間自衛隊にいらっしゃったとは頭が下がります。

祖父の納骨式の時にお話する機会がありまして、入隊当時はOD作業着に地下足袋とゲートルを使用したとか赤羽にあった射場で良く訓練していたなど色々お話を聞けました。


22日にちょっくらSEALs600定例に行ってきます!グリースガンの実戦導入と64式ことG3の内部カスタムがいい方向に進んだのかを検証したいと思います。熊笹着てドーランでお化粧している奴がいたら私でしょうねw






同じカテゴリー(装備の晒し)の記事画像
明日は、がくさば!&レンジャー背嚢
え・・?これって防護マスクケース!?
変な熊笹迷彩&PX迷彩双眼鏡入れ
旧型サスペンダー
防護マスク・・・・・・2型!
背嚢色々
同じカテゴリー(装備の晒し)の記事
 明日は、がくさば!&レンジャー背嚢 (2012-09-14 22:40)
 え・・?これって防護マスクケース!? (2012-07-17 00:36)
 変な熊笹迷彩&PX迷彩双眼鏡入れ (2012-03-27 01:57)
 旧型サスペンダー (2012-02-08 21:59)
 防護マスク・・・・・・2型! (2012-01-13 23:02)
 背嚢色々 (2011-10-21 00:57)

Posted by ヤナギ  at 16:25 │Comments(3)装備の晒し

この記事へのコメント
はじめまして!

官品シックネスゲージwww私のいた位の時期だと、あからさまな官品の工具はありませんでしたね、市販品系の物にタグが付いている位でした。
ご存知だと思いますが桜にWは武器を意味します、自衛隊では車両も全て武器の扱いになるんですよ。
Posted by KAMKAM at 2012年01月20日 05:35
>KAMさん コメントありがとうございます!
そういえば官品工具という部類に入りますねw
なるほど!車両も武器扱いなんですね!
官品工具・・・・他には何があったんでしょう・・・・夢が広がりますw
Posted by ヤナギヤナギ at 2012年01月25日 00:27
>KAM

業2も武器ですからねwww

広報官にとっては武器ですが^^;
Posted by Attacker#459 at 2012年02月24日 09:40
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。